テニス ストローク

ロブ

前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

シングルスの試合で前に出て、良いロブを上げられてスマッシュを諦める。

でも追いかければ何とか追い付きそう・・・だけど、振り向いて打つような余裕が無いとき、ありますよね。

そんなときに、「股抜きショット」を華麗に打てればカッコイイですが・・・大事な試合の場面で、そんなギャンブルはできません。

ではまず、しっかり相手コートに返すにはどんな技術が必要か?

今回はその秘策を、お伝えします。

 

前に出てロブで抜かれたときに、「後ろ向きのままロブで返球する」ための秘策とは?

 


 

1.頑張ってボールの横に入れる位置まで走る!

とにかくロブで抜かれたら走る!

頑張ってボールに追い付くのが最低条件ですが、ここで最大のポイントが。

しっかりと、「ボールの横に入る」ということ。

右利きの方であればフォアハンド側で打ちたいので、ボールが左にくる位置に調整しましょう。

バックハンドのほうが得意!であれば逆側でもOKです。

 

2.ボールを打つ打点は、膝下あたり

膝下でボールを打てる位置にまで追い付けば、後はどう打つか。

まずグリップは薄めにコンチネンタルグリップ、そして手首を内側に曲げてボールの下にラケット面を上向きにして入れることが、大事です。

アナタ自身の返球のイメージは、高いロブ。

相手はアナタが後ろ向きに追いかけているときに、ネットに出てきている可能性が大。

アウトドアのコートでは、とにかく時間を稼ぐ為にもボールを高く上げましょう。

インドアですとかなり難しいのですが、天井スレスレの軌道で返球できるよう軌道をイメージしておきましょう。

 

3.自分の背中の方向にボールを打つのは、難しい?

つまりは自分の横の位置から、背中の方向に向かってボールを打つ。

これは、練習しなければなかなか身に付きません。

ラケット面をどういう角度にすれば、どういう軌道のロブになるのかをしっかり考えてみましょう。

「自分が見ている方向」にしかボールをコントロールして打てないようだと、創造性のあるテニスは難しい。

この機会、背中方向に打つ技術、というのも磨いてみて下さい。

 

文章で書くと難しく感じますが、実際に遊び感覚で試してみると意外と簡単です。

股抜きショットのようなイメージしかないと、ロブで抜かれるともうギャンブルしかない。

しかもそんなショット、試合ではそう入りません。

ロブで抜かれても、走りながらしっかり返球のイメージと手段を持っておくということ。

試合ではこんな「追い込まれた場面で、しっかり返球するポイント」が流れを分けます。

大事な1ポイントの為に、しっかり練習しておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  2. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

    ダブルスの試合の中でよくロブは使う方なんだけど、どっちかというとスライ…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「取らせるロブ」を身に付けることで、ネットプレイヤーに対してショットの幅が拡がる!

    毎日色んなショットを練習しているだろうが、ロブの練習はどれくらいやって…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい

    ロブの重要性、何度も書いてきましたが・・・なかなか試合で使えない。…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    本当にロブが上手い選手は、「抜いた後の相手の返球」をイメージ出来ているからポイントが獲れる

    試合に有効な「ロブ」という選択。ダブルスではもはや必須、シング…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「スライスロブとトップスピンロブ」は、両方使えてこそ威力を発揮する

    ロブを上げる時はどんな球種を使っている?トップスピン?…

特集記事

  1. テニス ロブ

    ストローク

    攻撃出来るのにつないでしまう人は、「振り切るポイント」を作って何かをやり切ろう!…
  2. ストローク

    「ドロップショット病にかかったら・・・」テニスの試合で使えるにはいつものショット…
  3. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  4. テニス メンタル

    戦術

    粘ってもミスしてくれない、相手には攻めないと試合には勝てない
  5. テニス ストローク

    ストローク

    シングルスの試合で「ドロップショットの名手」に負けない為に
PAGE TOP