テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で必要な、「回転量を増やした高い軌道のサーブ」を、今年こそ身に付けたい人へ

テニスの試合では、サーブが入らなければ試合にならない。

また入っても、それが相手のチャンスボールになってしまうようであれば、それは上のレベルでは通用しない。

そこで考えたいのが、「回転量」という問題。

初心者からテニスを始めたときは、「サーブは入ればOK」という感じだったと思いますが、試合で勝ち進むにはステップアップが必要。

ソフトテニスから硬式テニスに移行した人も、改めて意識して取り組んで欲しいテーマです。

 

テニスの試合で必要な、「回転量を増やした高い軌道のサーブ」を、今年こそ身に付けたい人へ

 


 

1.スピンサーブもスライスサーブも、回転量があるから安定する

回転を与えるサーブは大きく分けると2種類、スピンとスライスですね。

このどちらでも良いので、アナタ自身「しっかりラケットを振り切って、回転量が多いサーブ」を身に付けて欲しいのです。

なぜなら、しっかり回転したサーブは変化して「落ちる」ことでサービスエリアに収まりやすい。

その為には、何度もこのサイトで書いてきましたがまず薄いグリップ、コンチネタルグリップの握りを覚えましょう。

ストロークのときとは、はっきりグリップを使い分けることが大事。

自分でよく分からない人は、コーチや上級生、サーブが上手い仲間に聞いてみること。

一人でモヤモヤ考えても、何も打開できません。

 

2.ボールの「どの位置を打つのか?」を考えてみる

ラケットでボールを打つ時、ボールの真後ろを打つとフラット系サーブになってしまいます。

意識したいのは、右利きの方であれば少し右側、それもボールの少し下側を捉えるようにすると良いでしょう。

「えっ、それだと上にポーンって、飛んでいくんじゃ・・・?」と思う方、ここで回転量を増やすチャンス!

薄い握りであれば、手のひらを外へ返していくことで、良い回転がかかってコートに収まる。

そしてボールの下を打つと、「軌道を高く出来る」というメリットもあります。

ボールの軌道の高さと回転量があれば、サーブは安定感を増していきます。

 

3.腕だけで回転をかけようとしないで、下半身を使う!

前足でしっかりコートをキックすることが出来れば、この回転量にキレが生まれます。

軽く膝を曲げて、トスアップはコートの中に入るくらいに前に上げること。

グリップと手のひら、下半身の動きが全て連動すれば、女性でも身長が低い人でも。絶対に良いサーブが打てるようになるのです。

良いサーブとは、安定してかつしっかりバウンド後に伸びていくような勢いを保っている。

すぐには上手くいかないでしょう。

諦めないで、試行錯誤しながら練習していくことが大事です。

 

サーブの練習は、根気のいる作業です。

だからこそ、アナタ自身で「ゴールを見据える」意識が大切。

「何となく良いサーブを打ちたいな・・・試合で勝てるように・・・」くらいの意識では、いつまで経っても成長しない。

厳しいようですが、それくらい具体的なイメージが無いとサーブの成長は難しいのです。

その代り、一度身に付ければ試合でこれほど頼もしい武器はありません。

さぁ、どんなサーブを打ちたいのか、プロ選手や周りの憧れの選手の観察から始めましょう。

何度も何度も、目に焼き付けて下さい。

そこから第一歩が始まります。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ

    スピンサーブの軌道の高さ。これは、きっとアナタ自身が思っている…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    「遅くても良いからコースをしっかり狙えるテニスのサーブ」を身に付ける5つのポイント

    トーナメントに出て試合をしている皆さんの中には、「速いサーブ」よりも「…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由

    相手のリターンが強力で、サービスゲームがキープ出来ないとき。つ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドへ厳しいコースのサーブでも、「センターに近いところ」を通過している

    ワイドへのサーブ、しっかり使えると試合で武器になる。ダブルスで…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    明日からサーブのコントロールを良く出来る、一瞬の瞑想の儀式とは?

    サーブを打つ前に、不安になってそのままフォルトしてしまう。毎回…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!

    試合でなかなかサーブが安定しない・・・と、悩んでいる方は多いんじゃない…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 客観視

    戦術

    テニス選手には、見た目とショットスピードが比例しない選手もたくさんいる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるよう…
  3. テニス ダブルス

    Q&A

    Q&A「ダブルスでの陣形、並行陣とダブルス前衛って、何が違うの?」
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
  5. テニス チャンス

    戦術

    「準備」の大切さを説くかと言えば、単純に誰でも出来ることだから
PAGE TOP