メンタル

テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな相手への対策は?

いわゆる、「シコラー」対策ですね。

何度試合で対戦しても、悔しくても、こういった粘る相手にアナタは具体的な対策を持っていますか?

良いショットの数で勝っても、テニスというスポーツでは勝ちは付きません。

結局多くのボールを相手のコートの「返球した方が勝ち」なスポーツ。

しかもレベルが上になると、粘ってシコっていた相手が、急にカウンターで攻撃してきたりする。

こういった相手、何とかならないものでしょうか・・・?

 

テニスの試合で、「とにかく守備的で、こちらが攻撃するとカウンターが上手い」そんな相手への対策は?

 


 

■まずは、遠慮無く攻撃してもらおう

とりあえず、相手にチャンスボールでも与えて攻撃させてみましょう。

どういう感じで、攻撃してくるのか、浅いボールはネットに出て来るのか・・・などの様子を見てみましょう。

きっとそこから得た情報は、アナタの作戦において有益になります。

粘りが身上の相手、カウンターショットで反撃を待ち構えている相手に、ムキになって攻撃し続けてミスを重ねるのだけは、避けましょう。

 

■「カウンターを喰らう」というのはどういうことか?

言葉だけ先行している、「カウンター」という言葉。

アナタは実際に、どう理解していますか?

自分が攻撃していると思ったら、いつの間にか反撃されてポイントを獲られる。

この「いつの間にか」というのを意識しないと、アナタはいつまで経っても試合に勝てません。

つまりは「気持ち良く攻撃しているけど、隙がある」という状態。

試合巧者、シード選手は見逃してはくれません。

初中級者、中級レベルを脱することが出来ない選手は、もっと自分のプレーを客観視する必要があるのです。

 

■ボールスピード、ポジショニングは、自分の脚力に合わせて

速くて鋭いショットをいくら打っても、相手が拾ってくる限りテニスはポイントになりません。

ましてや相手が予測して、先回りしているときには反撃を喰らいます。

それも、速いボールを打っているときこそ危険。

それだけ自分も「戻る時間が無い」状態ですので、隙が生じてしまっているのです。

良いショットでエースを獲る、決まればそれに越したことはありませんが、粘りが身上のプレイヤー、シコラーはそうはいきません。

予測も適格で、足も速い。

とにかくアナタ自身が、自分のコートをカバー出来る脚力を持っているかどうか、常に客観視してみて下さい。

 

とにかく、テニスでは我慢強さが試合では求められます。

この事実から、目を背けることは出来ません。

粘るプレイヤーにはどうしても「一発で決めたい!」と考えがちですが、そんな考えはカウンターショットの餌食に。

じっくり、ジワジワ、時には相手にも攻撃させながらラリーを展開していきましょう。

こういう相手に勝ってこそ、テニスは楽しい。

ぜひ、成功体験を積めるよう、準備して臨むようにしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. メルマガ配信、登録を開始します!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で、「身内同士の対戦になった…」ときに意識したい5つのこと

    テニス部で、「困ることあるある」の中でもたくさん頂くのが、この問題。…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  3. メンタル

    試合に負けることが出来るのも、試合に出ている人だけ

    試合に負ける、ということ。私たちは大人になっても、この経験が出来る…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「相手と目を合わせる」ことが必要です

    試合の中で、相手を威嚇する。これって、私は必要なことだと思うん…

  5. テニス サーブ

    メンタル

    粘ってくる相手に、焦ったら負け

    何も問題無いのに、焦ってしまう。試合で、実はこういう悪循環に陥…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

特集記事

  1. テニス リターン

    シングルス

    ダウンザラインへのストロークの展開は、相手に「背中を向ける」準備で!
  2. シングルス

    「シングルスの戦い方」はテニスの試合ではシンプルに考えて実践!
  3. その他

    出来ないのではなく、やっていないだけ
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    アナタのスマッシュ練習が無意味な理由、それは「ロブが来ると分かって打つ」練習にな…
  5. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
PAGE TOP