シングルス

「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・シングルスかな」と答える。

最近はダブルスも好きだけど、シングルスの方が得意かもしれない。

その理由は、走りまくって、相手のナイスショットを拾って粘るスタイルが好きだから、シングルスの方が活かしやすい。

シングルス特有の、黙々と何時間もプレーし続けるのも嫌いじゃないしね。

 

「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

 


 

でも一番の理由は、ダブルスよりも先に、ポイントを取るための パターン(法則)が確立出来たことかもしれない。

どうやれば効率よくポイントを取れるのか・・・が分かってから、更にシングルスは面白くなった。

しかしシングルスで自分のポイントパターンを確立出来ている人って、ダブルスに比べて少ない気がするんだよ。

 

ダブルスは一人がネットに立っているから、その人は必然的に攻撃担当になる

となると、もう一人は繋ぎ&組み立ての係となって、戦略を練りやすい。

しかしシングルスは、自分で繋いで、自分で組み立て、自分で決めて・・・と、一人何役もこなさないといけないだけに、下手に攻撃へ移ると逆襲を喰らってやられてしまうし、繋ぎ続けても相手が粘りのある人だと、終わりなきラリーを続けないといけない。

 

テニスの基本は「繋ぎ」である

ポイントの殆どがミスにより生じる。

でもミスを待っているだけではポイントは取れないので、脅しをかける程度の攻撃は必要なのだが、その脅しが何なのかを見付けて、シングルスの中に盛り込む必要があるのだ。

 

その一つがネットプレー

相手を左右に揺さぶったり、相手の不得意なサイドにショットを集めたり、不意にコースを変更したり・・・と繋ぎつつもちょっと相手が「これ、嫌だな・・・」と思った時にすかさずネットプレーに移せるか・・・・なんだよね。

そういった「繋ぎ」と「攻撃」のスイッチを切り替えるタイミングが見えて来ると、シングルスはとてつもなく楽しく感じる。

でも、この切り替えが出来なくて、プレーがグチャグチャになる人が多い。

練習の中でもしっかりと、「今は繋ぎ、よし!ここから攻撃!」という風に、しっかり判断しながらプレーしていこう。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    負けないシングルスプレイヤーになる為に、テニスで身に付けておきたい4つの技術

    シングルスの試合で勝ち進みたいけど、ダブルスよりも何処に打って良いか分…

  2. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てるかも知れない4つの理…

    テニスの試合、私が最初に作戦と呼べるものとして確立させたのはこれでした…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス メンタル

    シングルス

    同じポジションでずっと打っても、シングルスではポイントは取り辛い

    シングルスの試合で、ポイントを取っていくときに、意識したいこと。…

  5. シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「クロスラリーからストレートに展開する有効な」タイミングとは?

    シングルスの拮抗した試合で、ラリーの多くを占めるのはクロスラリー。…

  6. テニス 調子

    シングルス

    今出来るテニスで精一杯戦うことは、アナタが思っている10倍は難しい

    自分が出来るテニスを、やり切ること。言葉では簡単なようで、何と…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について…
  2. テニス ハードコート

    その他

    「いよいよ来週開幕!」テニス好きなら楽天ジャパンオープンに足を運んで欲しい5つの…
  3. テニス 序盤

    戦術

    テニスの調子が良い、悪いの差が激しい人は、ココを変えていくしかない
  4. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルでのテニスの練習で意識したい、基本の「き」5つ
PAGE TOP