ボレー

  1. テニス スライス

    相手の足下にショットが打てるときには、迷わずポジションを前に上げよう

    これも、何度も書いてきたテーマです。ですが非常に大事なことですので、改めて。前に出て攻撃する、ポジションを上げていかないと、試合では勝てない。…

  2. ネットプレーって、要は相手に選択を迫る行為

    前に出てボレー、試合でなかなか使えない方も多いと思います。自分がナイスなボレーで決めないといけない?というよりも、こういう視点で相手の立場になっ…

  3. ボレーが安定している人は、ラケットと身体の距離がいつも一定に保てている

    ボレーを安定させて、試合で使っていきたい。そう考えている人は、とにかくまずシンプルにいきましょう!ボレーのコツ、それはラケットを動かし過ぎなこと…

  4. 相手が打って来るスライスストロークは、格好のドロップボレーチャンス!

    アナタ自身が前にいて、相手がストローク。この時、スライスでのストロークを打って来たとしたら・・・アナタはチャンス。相手ストローク、スライスのスト…

  5. テニス 技術

    バックハンドボレー、相手に背中を向けて逆クロスに打っていこう

    バックハンドボレーのコントロール、悩んでいる方も多いでしょう。特に、逆クロス方向に打つときに、手先だけでコントロールしていこうとすると、まず難しい。…

  6. ボレーの基本の構え、意外と出来ている人が少ない

    ボレーの基本の構えって、みなさんどうでしょう。何となく出来ているようで、でも実戦では振ってしまったり、反応が遅くなったり。基本の構えって、意外と…

  7. テニス ボレー

    ハイボレーは外から、ローボレーは内側からラケットを入れていこう

    ボレーのラケットワークの基本、私はコレが大事だと思っています。ボールのどこを触るのか、をしっかり考えれば自然とコントロールも良くなるはず。慌てな…

  8. ファーストボレーのコツは、視界の中に相手を何となく入れること

    ダブルスの試合で、サーブ&ボレーで前に出る。並行陣には必須のスキル、ですよね。でも、このサーブ&ボレー、なかなか安定しない人にはある共通点があり…

  9. 速いボールのボレーは、フォロースルー無しでOK

    速いボールを、ボレーする。この時に、いかにリラックスして対応出来るか。フォロースルーを意識するだけで、かなりコントロール性はアップすると思います…

  10. クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思います。でも、ボレーヤーのポジションが・・・?というような場面、もよく見受けられるのも…

  1. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習す…
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
  3. テニス コート

    ストローク

    「ラリーをつなぐことが楽しい!」レベルを卒業したら、テニスはもっと楽しくなる!
  4. 戦術

    チャンスをいかに決めるか、の前にチャンスを数多く作ろう
  5. テニス アクセス

    その他

    2016年も残りわずか・・・ということで、「人気だった記事TOP10」を公開しま…
PAGE TOP