テニススクール

  1. テニス ストローク

    覚えることより、使えることを増やしていこう

    みなさんも練習していて、「どうも試合で使えていない」ようなこと、たくさんありますよね。陣形にしてもテクニックにしても、せっかくスクールで習っても使えない…

  2. テニス メンタル

    千回のアドバイスより、一回の本気の失敗の方が身になる

    何でもそうだと思います。テニスだけじゃなく、仕事でも勉強でも、人生でも。アドバイスを聞く姿勢は、確かに大事。でもそれ以上に、アナタ自身が…

  3. テニス 上達

    コーチが楽しまないで、どうやって生徒がテニスを楽しむ?

    私がアルバイトコーチの頃には、よくこう言われたものです。「もっと気楽に、楽しんでやりなよ」と。当時は、そんな先輩コーチのアドバイスが、嫌でした。…

  4. テニス 部活

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから

    テニススクールで、しっかり上達していくこと。これは、簡単なことではありません。ですが、ちょっとした気付きと勇気、があればきっとアナタ自身も変われ…

  5. テニス 調子

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っているみなさん。もしかしたら、和気あいあいとしたクラスの中だと少し「浮いた存在」かも知れ…

  6. テニス メンタル

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう

    今回、アンケートにご協力頂いた方の中で、約1/4はテニススクールでテニスを頑張っていらっしゃる皆さん、でした。意外と少ないな・・・と感じましたが、まだま…

  7. テニス 調子

    コーチ次第、じゃなくて、自分次第ですから

    部活やサークルでは少ない機会かも知れませんが、担当コーチが変わる、というのはテニススクールではよくある話。コーチが辞めたり、担当クラスが変更になったり・…

  8. テニス ポジショニング

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニスという競技独特の仕組み。もちろんスポーツ競技は他にもスクール事業、レッスン事業を…

  9. テニス ストローク

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖を意識しよう

    試合をやる度に成長していく選手。コーチからすると、これほど嬉しいことは無いでしょう。そんな成長度が速い選手は、周りへの「報告の仕方」がとても上手…

  10. テニス ダブルス

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立っているだけで、厳しい季節。冷暖房が完備されていないテニススクール、で頑張っている皆さ…

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「上半身から反応するボレー」だと、軽いスライスしかかけられない・・・変えるには、…
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ロブに弱いペア」を見極める5つの視点
  3. テニス セルフジャッジ

    シングルス

    「相手のミスを引き出すポイント」と「攻撃していくポイント」を分けれてる?
  4. テニス 準備

    ストローク

    ストロークに必要な速い準備とは、「相手が打ったボールがネットを越える前」までが勝…
  5. テニス 不安

    戦術

    試合に勝てる選手になるのに必要な一つ前の段階、それは「負けにくい選手」になること…
PAGE TOP