戦術

  1. テニス メンタル

    試合で自分が不利になったときに、本気で頑張れる人は少ない

    だからこそ、なんです。チャンスは実は、試合の終盤にある。自分が不利になっている状況、から頑張れる人って、実際にテニス選手では少ない。なぜ…

  2. 得意な型を持っている、のが実は弱みにもなるのがテニス

    みなさんにも、「自分の型」って少なからずあると思います。プレースタイル、思考、戦術・・・もちろん、それに自信を持って戦う、のが基本、でも、意識し…

  3. テニス チャンス

    成功を掴む人は、いつだって初回、初級、に勝負をかけている

    みなさんに、ぜひ意識して欲しいこと。それは、チャンスを逃していることに気づく、ということです。試合の中で、毎回あるチャンスなのに、実は動くことが…

  4. テニス メンタル

    内角を攻めれない選手に、未来は無い

    今日は、久しぶりに野球観戦。オープン戦ですが、東京ドームに行ってきました。そこで感じたこと・・・改めて、ですが、相手に向かっていくことの大切さ、…

  5. テニス ストローク

    テニスというルールの中で、自分の土俵を作れば試合に勝てるはず

    なぜかいつも、相手の作戦にはまってしまう・・・。試合の後に気付いても、もう遅い。相手を自分のペースに巻き込んでいく人、それに巻き込まれていく人。…

  6. テニス 練習

    相手に向かって打つ、のは2往復までで良い

    試合でも練習でも、ここを意識して欲しい。テニスの試合では、実際には相手のいない場所、を狙わないといけない。だからこそ、練習からこの意識は大事。…

  7. テニス ダブルス

    目に見えるスコアだけで、本当の差は見えてこない

    数値は絶対値。1は2より小さいし、3は2より大きい。この事実を私たちも認識していますから、つい目の前のスコアに神経質になる。でも、実際の…

  8. テニス テニスノート

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

    テニスの試合は、サーブかリターン。必ずこの両方、でスタートします。全ポイント、必ず共通するこの開始のショット、私たちはつい「その時々」のショット…

  9. テニス メンタル

    前衛嫌いな相手は、どんどんボレーを触らせて試合に参加させよう

    ダブルスの試合、相手をチェックしていると見えて来るものがある。それは、「前衛が好きかどうか」です。ボレーが得意で、動いて来るような相手、なら警戒…

  10. テニス 準備

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

    みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気になりました。「失敗しても良いつもりで、頑張ってます!」という嬉しい言葉がたくさん・・…

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合の現場で必要な「修正力」について考えてみると、普段の練習から意識が変…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合はあるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打て…
  4. フットワーク

    テニスの試合では、「ギリギリのボールをがむしゃらに処理しない」だけで得をすること…
  5. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る…
PAGE TOP