ロブ

  1. テニス ストローク

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう

    ロブでしっかり、ポイントを獲りたい。そう考える力がある人は、きっとまだまだテニスは上手くなる。そういう方にお勧めの考え方、視点はこれです。…

  2. テニス 構え

    アナタのロブを「試合で効果的なショット」に変えていくには、打つタイミングを変えていこう!

    試合の中で「ロブ」、上手く使えてますか?ダブルスの試合では、ロブを上手く使えないとどんどん前にポジションを取られて苦しくなる。「何となく」で打っ…

  3. テニス ストローク

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に試合で勝てるペアは、ロブで相手を「動かしてから」が上手い。特にポジショニング、が上…

  4. テニス ストローク

    「リターンで、いきなりトップスピンロブ?」良い作戦じゃない!

    最近、ちょっとマイブームなのがこれです。ダブルスの試合、リターンでのオプション。以前にも書いたことがありますが、ダブルスの試合でリターンでのスト…

  5. テニス ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブルスでも「ロブが上手い」という選手、どう思いますか?結構下に見たり、シコラーと決めつ…

  6. テニス コート

    オムニコートで踏み込みながら滑るボレーは、安定するけどロブには弱い

    皆さんも、経験あるんじゃないでしょうか?オムニコートで、思い切って踏み込んでボレー、滑っていくようなフットワークでフィニッシュ・・・。確かに、安…

  7. テニス ストローク

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね。軌道が上手くイメージ出来ない人は、このアイデア、で改善されるかもしれません。…

  8. テニス フットワーク

    試合で相手に効くロブは、精度よりも「打つタイミング」で相手の不意を突く要素が大事!

    ロブについて、皆さんどんなイメージですか?ベースラインから、相手の前衛の頭を抜く!確かに基本ですが、それは相手も分かっているしテニスをやっている…

  9. テニス メンタル

    テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

    最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。今までは、ダブルスでしか使わない、どちらかと言うと「前に出来た相手に対して、前衛に対して」打つショット…

  10. テニス ストローク

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。普通にロブで粘る、のも手ですがここは思い切ってトップスピンロブも打てるようになっておきたい…

  1. テニス リターン

    リターン

    リターンゲームからリズムを作れる選手は、サービスゲームも楽に進められる
  2. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で一番疲れるのは、セカンドサーブであることを証明する5つの事実
  4. その他

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  5. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
PAGE TOP